マンションのチェックポイント


『規模についての全体的な見方』
「マンション」と一言で言っても、1棟だけ建っている単体マンションから、大規模ニュータウンとして開発され何十棟も建っているもの、最近流行の超高層マンションで1棟当たり何百戸と住戸の多いものまで、様々な形態があります。最近では服飾と同じような感覚で、場所や外観などにウェイトを置くなど、ファッション性を重視したマンション選びをする方もいます。
それぞれの形態によって特徴がありますので、よく理解したうえで自分に合った物件を探してください。大規模開発の中でも、公団などが分譲したニュータウンなどは、何十棟ものマンションが立ち並び、大きな街そのものです。その街の中で、自分の希望や予算に見合った物件を探すことになります。

マンション

外観が似ていても、1棟ごとに間取りや立地などによる人気、居住している方の特徴が異なっている場合がありますので、不動産会社によく確認しましょう。似たような間取りばかりの建物が何棟もある場合は、将来売却する時の価値が下がり気味になることに注意しましょう。
民間の不動産会社が開発した、マンションが10~15棟くらい建つ大規模開発マンション団地の場合は、一般的に既存住宅市場においても安定した人気が保たれている場合が多いです。1棟ごとに建てられたマンションと違って、ランドプランで環境創造に重点を置いたプロジェクトがほとんどで、その団地内に入ると樹木を多く配して独特な環境がつくられており、スポーツやコミュニティーなどの共用施設も充実しています。
既存住宅市場の価格面でも比較的安定的に推移していることが多く、購入するに当たっての安心感は高いでしょう。

ただし、規模が大きいだけに、そこに住む居住者の数も多く、同じような生活を営んでいることが、没個性的との見方もあります。タワーマンションを始め、階数が15階程度以上のマンションは、上の階になればなるほど、マンションのエントランスから自分の部屋まである程度の時間がかかることを、毎日のことですので考えておきましょう。
また、一般的に下のほうの階は面積が狭く価格的にも安めで、最上階に近いほど面積が広く設備などのグレードも高くしてあります。

マンション

タワーマンションは上層階に住んでこそタワーの意味があり、下層階は普通のマンションと変わらず、その結果居住者のライフスタイルもかなり異なっています。
1棟または2棟くらいの単位で建てられたマンションは、それぞれに様々な特徴がありますので、ここで一概に特徴を述べることは難しいのですが、それぞれのマンションによって、個性的な特徴があります。

<ワンポイント>
大規模マンションを検討する時は、検討している住戸がその団地の中でどういう位置に存在するのかを確かめてみましょう。立地は駅やバス停に近いか、スーパーなどの商業施設に近いか、場所が全体の中ほどか外周地かなどによって、同じマンションでもその利便性が大きく変わることがあります。


住みたい街ランキング1位に輝いているのが,神奈川県横浜市になります。
新商業施設も続々オープン未だに進化し続ける街となっています。交通利便も優れており,スーパーも充実しており,治安も良いのでファミリーの方にお勧めなエリアとなっています。
気になっている方は是非この機会に住みたい街として人気がある横浜市で暮らしましょう!

駅周辺に何でも揃ってたら最高ですよね?ココ小岩駅の駅周辺には歓楽街や商店街が密集していこともあり住環境は最高。
小岩駅近くでの不動産情報について調べてみませんか?
小岩駅周辺なら、土地や戸建てなど色々な不動産情報を確認することができるのでお勧めなんです!

私は,宮城県仙台市の賃貸物件へ引っ越してきましたが大満足しています。
最初は牛タンしか知らなかったのですが,漁業は生産量が全国2位というほど盛んで手ごろにおいしい鮮魚を比較的安価で手に入れることができます。魚の旬なんて気にしたことありませんでしたが,今は食の喜びを覚えることができてとても良かったなと思います。
そんな宮城県で賃貸物件を探して暮らしてみませんか?